メニュー

コロナウイルス感染症関連

3月以降、神戸市から5歳から11歳のこどもたちにもコロナワクチンの接種券が配送されます。使用するのはファイザーの子ども用ワクチンですが、オミクロン株については感染を防ぐことはむつかしく重症化を抑えることはできるようです。ただ、この年齢のふだん健康な子どもたちは1月、2月の経過を見る限りコロナにかかっても重症化する人はほとんどいませんでした。当院では、コロナにかかった場合に重症化する恐れがある基礎疾患(コントロールできている気管支喘息は心配ありません)を持つ子どもや、海外渡航、家族事情などの社会的要請のある子どものためにと準備はしてきました。5歳から11歳用コロナワクチンは12歳以上用のワクチンの3分の1量の有効成分で、報告されている副反応は12歳以上よりも頻度は下がっています。

またこれから接種するワクチンは基本的にはつぎの第7波にそなえるものです。しかし現在まだコロナの第6波流行が続いている状況でもあり、当院での接種開始は当分の間延期します。予約開始の日程が決まったらまたホームページなどでお知らせします。すぐにも接種希望の方がおられましたら電話で相談してください。

 

発熱か咳があり、以下の場合は直接に来院せず、ネット予約を取る前にまずクリニックに電話で相談してください。来院していただく時刻、方法などを指定させていただきます。

1 家族のどなたかが2週間以内に新型コロナウイルス感染者と接触があった可能性がある場合

2 家族のどなたかが2週間以内に肺炎と診断された場合

3 本人が新型コロナウイルス感染者との接触の可能性がある場合(学校や園でコロナ陽性者がいるなど)

 

なお発熱などの症状に対して医師が必要と判断したときは、結果が10分前後でわかる迅速検査(新型コロナウイルス、インフルエンザ、RSウイルス、溶連菌、アデノウイルス、メタニュウモウイルス等)を実施することがあります。新型コロナウイルス迅速検査が陰性であっても、感染が疑わしい場合はさらにPCR検査(外部委託、結果は翌日)にすすむことがあります。中央市民病院や県立こども病院に紹介することもできます。

原則として無症状の方、陰性確認目的の新型コロナウイルス検査はしておりません。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME