メニュー

施設案内

院内の様子

当院の様子をご紹介します。

当院では赤ちゃんや感染症のお子様のお母さんに配慮した部屋を設けています。

診療設備

喘息の診療をしていく上で欠かすことのできない検査を行っています。どれも、痛くない、放射線は使わない、結果がすぐわかる検査です。

酸素飽和度と心拍数

kiki8指にテープを巻くだけで結果が表示されます。0歳でも簡単にでき、96%以上が正常です。

呼気NO(一酸化窒素)濃度

kiki5アニメーションをみながら6秒以上(できれば10秒間)息が吐ければできます。おおむね5歳以上で可能で、20ppb以下が正常です。気管支でおこっているアレルギー性炎症(喘息の原因)の程度を調べます。

肺機能検査

kiki7息をおもいきり吸ったり吐いたりして気管支の中を空気が支障なく通れているか詳しく評価する検査です。おおむね7歳くらいから上手にできるようになります。

検査機器

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME